神道禊教
神道禊教 宵宮神事 庭火
■ 神 道 禊 教 ■


更新履歴
2015.03.06


修行座の紹介

■ 運命を甦らせ人生の未来が輝きだす 神道の行法の修行 ■

  神道禊教では開教以来伝統として、求道の法、信心得道の法として、
  また運命を甦らせ人生の未来を輝かせる唯一の方法として修行座を活発に
  開催してきました。
  
  それは門人となるための通過儀礼である一方、門中子息にとっては先祖から受け
  継ぎ培ってきた家の宗旨を継ぐこと、つまり信心相続の証でもあります。

  その修行座は神道禊教の至上唯一の布教法であり、最上且つ唯一の救世済民の
  手立てでもあります。

  この修行座により、人は「まことの人」となり運命が甦り、人生の未来が美しく
  輝きだす、神道究極の修行です。

 
 

■  神道の奥義を学ぶ 修行座と講習会  ■

 一日の運び おみちづけ修行座
   一日の運びを以て、禊教教学の基本と息吹永世の傳・大声ノ祓の傳を伝授し、
   修行人自らが、これからはこの教えを以てまことの人になる道に進むことを
   神明にお誓いし、神との御縁をむすび直していただく「御神縁誓願式」に至る
   神道入門の修行座です。
   ご神縁誓願を成就されますと「門中・御神縁誓願者」となることができます。
 産霊直修行座(むすびなおししゅぎょうざ)
   おみちづけ修行座にて御神縁誓願成就を経て門中になると参加できます。
   修行に期限は無く、月に一度の通い形式で行われます。
   修行の運びにより奥伝において神道神秘の相伝があり
   「法ノ子」となることができます。
   産霊直成就され法ノ子になると高等神事修行への扉が開かれます。
 祝傳相承斎修会(はふりでんそうしょうさいしゅうかい)
   神道禊教に傳継される神道究極の修行です。
   産霊直修行座成就の法ノ子の内、入門を許された者だけに伝授され、
   「神教士(子)」となる道がひらかれます。
 多治比道場(たじひどうじょう)
   多治比道場とは、
   神道禊教の宗家教主が直接主催して指導をする勉強会です。
   宗家親授による道統継承活動、次世代教導職の養成だけでなく、
   まことの人を育て行く人間学の講座など、
   教団の枠を超えた、広く世間へ向けての活動の場でもあります。   

 

このページの先頭へ


Copyright (C)2003 MISOGI−KYOU SHINTOISM All Rights Reserved.
無断転載、複製、複写を禁じます