神道禊教
神道禊教 宵宮神事 庭火

■ 神 道 禊 教 ■


更新履歴
2015.03.06


■  産霊直修行座  ■


神道禊教 産霊直修行座
 

■ 神道神秘の成就をもって「法ノ子」となる 産霊直修行座 ■

 「おみちづけ修行座」の成就をして門中となると、次の段階の修行座があります。
 それが『産霊直修行座』です。

 従来は、天照大御神の天の岩戸神話の故事に倣い、
 外界と遮断された神前に篭り修行をしていましたが、時代の様々の趨勢により、
 現在は通いの形式で執り行っています。

 入門講座である「おみちづけ修行座」は、
 その名の通りまさに「神道のお道をつける」ということですが、
 1日でそれを身につけることはできません。
 何日もそれを繰り返すことによって初めて自分の物となり、
 自らの運命を甦らせることができるのです。

 修行には期限がなく、月に一度の通い形式で行われます。
 人によって進みは違いますが、喜悟信の伝により修行の運びが見定められ、
 奥殿での神道神秘の成就があり、「法ノ子」となることができます。

 ここまでの修行を、神事外傳の修行と呼んでいます。 

 


■ 修行の進め方

 修行の進め方は「おみちづけ修行座」と同じく、
 「お祓い行」と「聴聞」を繰り返して行きます。

 入門の「おみちづけ修行座」では
 聴聞の時には「おみちづけ教本」を使っての講義となりますが、
 『産霊直修行座』からは
 禊教の教典である「神道唯一問答書」と「遺訓集」「和論語」によって講義がされます。

 「神道唯一問答書」はご教祖様が江戸天保年間に記された教書で、
 禊教の教理について広く一般的に書き記したものです。
 「遺訓集」は当時の直門の方々にご教祖様がお手紙として教導されたもので、
 問答書よりも掘り下げた教書となっています。 

 


■ ここから開ける 神道究極の修行法の世界

 「産霊直修行座」の神道神秘の成就によって「法ノ子」となると、
 次の段階の高等神事の道が開けてきます。
 また、教導職となる道も同時に開けてきます。

 この「産霊直修行座」の先にあるのが、神道禊教に傳継された御簾内の行で、
 高等神事、神事内傳といわれる神道究極の修行です。 

 


 

  ■ 修行座のお問い合わせ・お申し込みについて

  産霊直修行座は
  おみちづけ修行座を受講され、御神縁誓願を成就された門中が受講できます。
  修行座についてのご相談、お問い合わせは、
  下記【問い合わせ】からお電話又はメールにて開講日の1週間前までにお願い致します。


□ 開  催  日  原則として、毎月第三日曜日
□ 場     所  東京本部教務庁神殿広前
 東京都中央区東日本橋3−1−3 奥田ビル2階
 電話03−5614−8551 FAX03−5614−8552
□ 集 合 時 間  午前8時30分集合
 午前9時開講
□ 解 散 時 間  午後6時を予定
□ 持  参  品  修行衣の下に着る白Tシャツ、白足袋(白ソックス可)、筆記用具
□ 受講神明感謝  12,000円(資料代、修行食代、修行衣クリーニング代含む)
□ 備     考  白衣白袴をお持ちの方はご持参になり着用してください。

 
 


修行座の紹介へ戻る



Copyright (C)2003 MISOGI−KYOU SHINTOISM All Rights Reserved.
無断転載、複製、複写を禁じます